CONTENTS

彼氏にしてもらいたい理想のプロポーズ

レストラン

男性の外見は、背が高くて黒髪の短髪でメガネをかけていてディーン・フジオカに顔立ちが似ている人がいいです。 服装は、清潔感のある爽やかな感じで。

まず、私の誕生日に会う設定で、午前中に待ち合わせをし、男性と二人で私の行ってみたかった猫カフェに行き、 可愛い猫達と思う存分戯れます。猫カフェを満喫した後、パスタのお得で美味しいランチを食べに行きます。 お腹がいっぱいになったら、次に二人で雑貨や家具を見に行きます。オシャレな雑貨や家具を見て二人で癒されます。

その後、洋服を見にゆっくりウィンドウショッピングをします。彼にピッタリの服を選んであげます。 もちろん私の服も選んで買います。 その後、彼が事前に予約していた夜景が綺麗にみえる高級ホテルのレストランのディナーに行きます。 前菜からメインまで一通り食べ終わった後、レストランの従業員が私の誕生日ケーキを私たちのテーブルに持ってきてくれます。

従業員と彼が誕生日ソングを歌ってくれた後、私がロウソクの火を消します。すると、彼が指輪の箱をポケットから出して私に 「誕生日おめでとう。これは、俺からの誕生日プレゼントです。結婚してくれませんか?」と聞いてきます。 私は、「もちろん喜んで。私で良かったらお願いします。」と返事します。

やっぱりベタな感じが一番いい!

プロポーズ

今日は、私の誕生日。彼とは、夜に会う約束をしている。私が知らない間に、素敵なレストランのディナーを予約していたようだ。 仕事中にもかかわらず、私の胸はドキドキが高まる。夜まで待ちきれない思いでいっぱいだ。

仕事終わり、すぐにラインがきた。彼からだった。”お仕事お疲れ様。誕生日、君にとって今日が素敵な1日になってくれたら嬉しいな。 急がないでいいから、気をつけておいで。”
私の胸の高鳴りは押さえきれないほどになっていた。普段は、夜に仕事を終えると疲れてだらーっとしてしまうのだが、 今日は帰宅中も足取りが軽い。ルンルン気分で身支度を済ませた。そして、彼と待ち合わせの予約をしていたレストランへ。

景観がよい窓際に予約席の文字。そこには、スーツに髪型もぴしっときめている、普段とはまた違った彼がいた。 彼は、私に気がつくと、にこやかに手を降った。いつも通りの、他愛もない会話。ディナーメニューの最後にサプライズで、 バースデーケーキまで出てきた。心底嬉しかった。

『海を見に行かないか』彼はレストランを出た後、私にそう言ってにこっと微笑んだ。着いた場所は、初めてのデートのときに来た海岸線だった。 少しひらけた場所に車を停め、二人で海を眺めていた。すると彼は、私の前に立って口を開いた。
『初めてここに来たとき、俺は絶対この場所でプロポーズするって決めてたんだ。愛しています。君を世界一幸せにします。俺と、結婚して下さい。』 私はいつの間にか泣いていた。「はい。」と返事をすると、彼は嬉しそうに『やったー!』と海に向かって叫んでいた。

© Copyright 婚活男性はこの求婚で女性を射止めろ!|女性が望む理想のプロポーズ集 All rights reserved.